でも、やっぱり私には駄目ね

一着か二着を手早く選んで金を払うのだと思っていたら、どっこい、彼女は永遠とも思われる時間をかけて、片っ端から試着しては似合うかどうか試しているではないか。

c0364672_16084440.jpg

鏡に向かっでポーズをつくっては、「これ、いいわね。でもねえ……とうかなあ、私に似合うかしら。色がいいわね。長さはぴったり」とやっている。あれこれ悩んだあげく、「でも、やっぱり私には駄目ね」。片っ端から袖を通しては、この繰り返し。そうかと思えば、着てみる前から「これにするわ!」ときっばり言ってみたり。


[PR]
by dannyne | 2017-11-15 16:08