c0364672_17011040.jpg

生物が進化する関に、男と女の体と脳とホルモンは、それぞれの役割と活動に最も過した形に進化していった。たとえば、科学的な実験を行なうと、空間的な認知を行なう右脳の働きを見るテストでは男が優れ、言語をあやつる左脳の働きとなると女が優れている。


これは男が"ハンター"としての役割に、女が"育む者"としての役割に適応した結果だとえられる。親なら誰でも知っているように、幼児期の女の子は、考えもせずに夢中でしゃべり、男の子は考えもせずにひたすら動き回るものだ。


[PR]
# by dannyne | 2017-11-08 17:01

米ロックバンド、ブロンディ(Blondie)のボーカル、デビー・ハリー(Debbie Harry)が11日、英国ロンドンでキャットウォークを歩いた。「VIN + OMI」によって作られた、持続可能な素材を支援するためだ。デザイナーの2人、VinとOmiは、環境に優しいラテックスやマッシュルームを原料に作られたレザーなどで実験している。

 ゴールドのドレープドレスをまとったシンガーのハリーは、「この惑星を痛めつけるのをやめろ」と書かれたフードをかぶったデザイナーデュオを両側に引き連れていた。世界は「転換点」を迎えており、死に物狂いで廃棄物問題に取り組む必要があると語る。「彼らは素晴らしい提案をしていると思う。未来の一部となる、持続可能な素材を作り出すことに焦点を当てている」と72歳のミュージシャンである彼女はAFPに語った。そして「それを人々が評価し、関わっていくことがとても重要だ。誰もが回避不能な問題なのだから」と付け加えた。ハリーは、15日から始まるロンドン・ファッションウィーク(London Fashion Week)に先駆けて行われた、廃棄プラスチック問題を強調した「VIN + OMI」の2018年春夏コレクションのあとに取材に応じた。

 プラスチックに包まれたハイヒールで、透明なプラスチックが敷き詰められたフロアを歩くモデルたちは、「目を覚ませ(wake up)」「希望(hope)」といったスローガンが施されたアイテムを含む、大胆なコレクションを披露した。ショーでは幅広い種類の素材が使われ、デザイナーたちは環境に優しい素材もランウェイで通用するということを証明した。「こういった素材でも美しいものは作れる。エコ・ファッションは、必ずしも麻袋のような見た目になることはない」とデザイナーのVinはAFPに語った。

[PR]
# by dannyne | 2017-11-01 11:07

その他にも、男の心を逆なでしないように自分の気持ちを伝える方法、男が気持ちよく応じてくれるものの領み方、女らしきを失わずに強くなる方法、パートナーを支えつつ、自分も必要な支えをパートナーから得る方法ーこうしたテクニックを本書ではあますところなくお伝えしていきたい。


男たちは全面的に自分を譲るか、その反対に激しく相手をやり込める方法しか、コミュニケーションの仕方を教えられていないことが多い。強さを失わずにパートナーの心の支えになる方決を知らないのだ。

c0364672_16345864.jpg



[PR]
# by dannyne | 2017-10-25 16:35

c0364672_17053889.jpg

家族との絆。社会との絆。そして、あなたは一体誰なのか?あなたの愛が持つ力の大きさを、是非知っていただきたいのです。小動物や人問の乳児が母親の胸に抱かれてお乳を飲むときの、あの安らかな顔を是非、思い浮かべてください。安らかな気持ちの素は"ぬくもり"なのです。


あなたがもし誰かにそのぬくもりを与えたら、きっと相手も素直に応えてくれるでしょう。もう、あなたは如かではないのです。私たちはがぬくもり"を分かち合うことで、苫しみから脱出する勇気を与えられるのです。


[PR]
# by dannyne | 2017-10-18 17:06

 インドを拠点とする「マーケット・リサーチ・フューチャー(Market Research Future、MRFR)」社によると、エッセンシャルオイルは化粧品や食べ物、製薬に使用するため裕福な国々での需要が高まっている。「MRFR」は2017年から2022年の間にエッセンシャルオイルの世界市場は7%成長すると予想している。ルワンダはそのシェアの取り分を獲得するため、3年前にこの地域で初となるエッセンシャルオイルの研究所をオープンし、品質管理をしている。

「ルワンダが直面している一番の課題は大きくなる貿易赤字と、局部的・国際的輸出基準に合う限られた数の競合社だ」と地域取引を促進し、研究プロジェクトの資金を支援する「トレードマーク・イースト・アフリカ(TradeMark East Africa)」のルワンダ局長、Patience Mutesiは指摘する。研究所は「ルワンダ産商品の品質への消費意欲を強めることにより、ルワンダの会社を新しい有益なマーケットに引き合わせるだろう」とMutesiは言う。

 キガリ(Kigali)の研究所で新しいクロマトグラムの前に座り、ルワンダ規格基準局(Rwanda Standards Authority)のAntoine Mukunziはこの小さな国の進展に満足していると話す。「輸出量ではかなわないが、品質で勝負することはできる」

[PR]
# by dannyne | 2017-09-29 10:46