c0364672_1748579.jpg

世代によって、日本の女の平均的なタイプが大きく災なることに、気づいていただろうかでいわゆるバプル世代と呼ばれるアラフィフは、女かチヤホヤされた時代を反映し、自己をハッキリ主張する主役タイプが多くなり、バプルの樹壊を見聞きしながら大人になったアラフォーは、冷静で物の見方がシビア、性を大切にするアーティストタイプ、その下のアラサーは、さらに穏やかで多くを望まぬ、脇役にもまわれるタイプと言われる。
[PR]
# by dannyne | 2016-05-11 10:40

高い高い~

c0364672_1122331.jpg

いろんなあやし方も研究しています。「高い高い~」と天井に向かって抱き上げ、一気にしゃがんで「低い~」。このフリーフォール的な「低い低い」を考案したところ、セガレ大喜び。これを始めるとトランス状態になって、あっという間に時が過ぎてしまいます。

「子供は3歳までで一生分の親孝行をする」と聞きます。いつか反抗期とかくるんだろうな。父と息子、お互い一緒にいるのがめんどうになるときもくるでしょう。そんなときもこのかわいさを覚えていたいから、3歳まではなるべく一緒にいたい。
[PR]
# by dannyne | 2016-05-01 10:19

ポーランドから脳死した母親のお腹で55日を過ごし、元気に誕生した赤ちゃんのニュースが飛び込んできた。『abc.net.au』などが伝えている。

ポーランド西部の都市ヴロツワフの南にある大学病院で、41歳の女性が脳死状態に陥ったのは昨年暮れのこと。脳腫瘍で救急車にて病院に運ばれたが脳死と判定された。女性は妊娠17週から18週ですでに安定期に入り、お腹のふくらみも目立っていた。

新生児治療施設の責任者であるバーバラ・クロラック・オレイニク氏は「女性は脳死状態でしたが、家族みんなにお腹の中の赤ちゃんを救って欲しいと懇願されました」と当時を振り返る。

「そこからは長い闘いでしたよ。我々は赤ちゃんが一日でも長く子宮にいられるよう最善を尽くしました。」
[PR]
# by dannyne | 2016-04-21 11:35

乾いて硬化した後は、はがれることも退色することもほぼありません。特にメンテナンスも必要ありませんが、汚れがひどくなってきたら、また塗り直して。塗料によってはほこりや汚れを水ぶきで落とせるものがあります。
c0364672_12562648.jpg

端と角、細部を刷毛で塗った後。全面をローラーで塗る。上半分、下半分に分け。ローラーを下から上に動かすとべンキを垂らさず上手に塗れる。約1時間おき、乾いたら仕上げにもう一度塗る。万が一はみ出したときは、乾かないうちにウェットティッシュでふいて。
[PR]
# by dannyne | 2016-04-11 10:54

c0364672_1222918.jpg

今季、美白コスメが復権してきましたね。私もそう感じます。シミだけをターゲットにするのではなく、肌内のシミの周辺環境にアプローチしたりするものが多いですね。

いくら強力な美白成分を送り込んだところで、肌の受け入れ態勢ができていないと、むしろ刺激に感じちゃうみたいなところがあるでしよ。やっばり強い肌を育てなければ、美白は成り立たない。強い肌を育てるエイジングケアを根本的にしていく中に、美白があると思います。
[PR]
# by dannyne | 2016-03-31 12:02